スマホの方へ;PDFでご覧になれます。


★この絵本は、お金と経済の絵本集の1作品です。
起きて半畳
—貧富の差と需要—
雇用貢献認定品の絵(イラスト)
東郷 潤

〔ふりがな〕
おきて はんじょう —ひんぷのさと じゅよう—     とうごう じゅん

1/14



〔解説〕起きて半畳−所得格差と需要

 この絵本で描いているのは、貧富の差と需要の相関関係です。 経済の活性化を目的として自由競争を取り入れ、その結果、所得格差が拡大し需要が縮小、経済が縮小してしまったら、何をやっているのかわかりません。

 なおこの絵本のタイトルは、「起きて半畳寝て一畳 天下取っても二合半」ということわざから取ったものです。

⇒絵本「起きて半畳」のPDFファイルへ