ある日、酔っ払っている彼に、一人の老婆が話しかけて来ました。
「おや、可哀想にねえ。ずいぶん苦しんでいるじゃないか」
「誰だ? お前は」
「楽になりたかったらね、自分が殺した人たちに花を手向けるんだよ」
「な、なんだと!」彼はおばあさんを怒鳴りつけました。
酔っ払っている兵士に老婆が話しかける絵。
「じょうだんじゃない! 俺は、悪くない! あいつらは劣等民族だ! 進化した人間が野蛮人を殺すのは神の御心だ!」 怒った彼は、おばあさんを射殺してしまいました。
兵士が老婆を射殺する絵。

〔ふりがな〕
あるひ、よっぱらっているかれに、ひとりのろうばが はなしかけてきました。 「おや、かわいそうにねえ。ずいぶん くるしんでいるじゃないか」 「だれだ? おまえは」 「らくになりたかったらね、じぶんが ころしたひとたちに はなを たむけるんだよ」 「な、なんだと!」かれは おばあさんを どなりつけました。 「じょうだんじゃない! おれは、わるくない! あいつらは れっとうみんぞくだ!  しんかしたにんげんが やばんじんをころすのは かみのみこころだ!」 おこったかれは、おばあさんを しゃさつしてしまいました。

P.11