ある日のこと、彼が眠らないよう、教会でお祈りをしていると、 一人の老婆が現れました。
「可哀想に。ずいぶんと怖がって、苦しんでいるんだね」
「何だ、お前は!?」
「もし楽になりたければ、あなたが殺した奴隷たちに花を手向けるんだよ」
「じょうだんじゃない! 俺は、悪くない! 逆らって逃げ出したあいつらが悪い!! この世は弱肉強食なんだ! それにもし俺に罪が有ったとしても、それはもう、神様に許されているのだぞ!」
祈りをささげる農場主と、老婆のイラストです。
「あなたを非難しているのでは無いのですよ。私はあなたのために・・・」
怒った農場主が老婆を杖で叩きのめします。
うるさい!
ばばあ!

〔ふりがな〕
あるひのこと、かれがねむらないよう、きょうかいで おいのりをしていると、 ひとりの ろうばが あらわれました。 「かわいそうに。ずいぶんと こわがって、くるしんでいるんだね」 「なんだ、おまえは!?」 「もし らくになりたければ、あなたがころした どれいたちに はなを たむけるんだよ」 「じょうだんじゃない! おれは、わるくない! さからって にげだした あいつらがわるい!!  このよは じゃくにくきょうしょく なんだ! それにもし おれにつみがあったとしても、それはもう、かみさまに ゆるされているのだぞ!」 「あなたを ひなんしているのでは ないのですよ。わたしはあなたのために・・・」 うるさい! ばばあ!

P.21