「…だけど、謝罪しようにも、相手はもう死んでいるんだぞ!」
「相手が生きていようが死んでいようが関係ないわ。謝罪は、自分のためにするものなのよ。 あなたを苦しめているのは、悪霊なんかじゃないわ。あなたは、あなた自身の愛と戦っているの。―まだ、分からないの? 早く、目を開けなさい!
「・・・」下を向き、怯えて震えるパイロットの絵です。 彼は長いこと、黙りこみました。

「花を手向けるだけで良いのか?」
「そうよ」
「花を手向けても、…俺は、地獄に落ちないのか?」
「当たり前でしょう!」
「本当に、花を手向けるだけで、楽になれるのか?」
「なれるわ。…たった花一輪のことで、何を怖がっているの?」
「…」
「いったい誰が、永遠に自分自身の愛に逆らえるというの?


〔ふりがな〕
「…だけど、しゃざい しようにも、あいては もう しんでいるんだぞ!」 「あいてが いきていようが しんでいようが かんけいないわ。 しゃざいは、じぶんのために するものなのよ。 あなたを くるしめているのは、あくりょう なんかじゃないわ。 あなたは、あなたじしんの あいと たたかっているの。―まだ、わからないの? はやく、めをあけなさい!」 「・・・」 かれはながいこと、だまりこみました。 「はなを たむけるだけで よいのか?」 「そうよ」 「はなを たむけても、・・・おれは、じごくに おちないのか?」 「あたりまえでしょう!」 「ほんとうに、はなをたむけるだけで、らくになれるのか?」 「なれるわ。…たった はないちりんのことで、なにを こわがっているの?」 「…」 「いったいだれが、えいえんに じぶんじしんのあいに さからえるというの?」

P.36