殺戮は何年も続きました。その結果、三日月形の触角を持つ人々は、ほとんどいなくなってしまいました。そして、わずかに生き残った人々も抵抗を諦めました。
侵略され、仲間を虐殺され、降伏する先住民たちの絵。
むろんこの星の人々は、これを見て恐怖に震えました。―そして、同じ目に会いたくないと軍備の増強を始めたのです。

〔ふりがな〕
さつりくは なんねんも つづきました。そのけっか、みかづきがたの しょっかくをもつ ひとびとは、ほとんど いなくなってしまいました。 そして、わずかに いきのこったひとびとも ていこうをあきらめました むろん このほしのひとびとは、これをみて きょうふにふるえました。―そして、おなじめにあいたくないと ぐんびのぞうきょうをはじめたのです。

P.5