でも・・・、善悪のメガネをしていると、白と黒しか見えません。
それはとても退屈でした。だって、花の色も、空の青さも、木の緑も見えないのですから。
退屈する少年の絵です 白黒の木の絵です 白黒の花の絵です
そこで、めがねを外してみました。
ちょっと善悪を忘れて、美しい世界を見たくなったんです。いつメガネを外しても良いって、天使はそういっていました。

〔ふりがな〕
でも・・・、ぜんあくのめがねをしていると、しろとくろしか みえません。 それはとても たいくつでした。だって、はなのいろも、そらのあおさも、きのみどりも みえないのですから。 そこで、めがねを はずしてみました。 ちょっとぜんあくをわすれて、うつくしいせかいをみたくなったんです。いつめがねをはずしてもよいって、てんしはそういっていました。

16/27