遠い宇宙のある星に、善悪を何よりも大切にする人々が住んでいます。
湖畔の村の絵(イラスト)
彼らにとって、善悪は神様からの命令です。善は「しろ」、悪は「するな」ということです。 神様は絶対なので、善悪には絶対に従わなければいけないと彼らは固く信じています。

〔ふりがな〕
とおい うちゅうの あるほしに、ぜんあくを なによりも たいせつにするひとびとが すんでいます。
かれらにとって、ぜんあくは かみさまからの めいれいです。ぜんは「しろ」、あくは「するな」ということです。 かみさまは ぜったいなので、ぜんあくには ぜったいに したがわなければいけないと  かれらは かたく しんじています。

2/13
P.1 2 3 4 5 6 7 8 910111213