男の子が女の子を庇います
こうして、紫の子どもたちは他の子どもたちに、しょっちゅう苛められていました。

〔ふりがな〕
「ちきしょう! すいしょうに かいてあった とおりだ! むらさき いがいは、みな、てきだ」      こうして、むらさきの こどもたちは ほかの こどもたちに、しょっちゅう いじめられて いました。

P.7

P.1 2 3 4 5 6 7 8 91011121314