ある日のことです。紫の子どもたちは、町の公園を独り占めにすることにしました。自分たちだけの公園があれば、苛められずにすむと思ったのです。
公園を戦車や戦闘機で攻めます。侵略戦争です
紫の子どもたちは力を合わせて、他の子どもたちを追い出しました。

〔ふりがな〕
あるひの こと です。 むらさきの こどもたちは、まちの こうえんを ひとりじめに することにしました。 じぶんたちだけの こうえんが あれば、いじめられずに すむと おもったのです。     「じゃまする やつは けが するぞ!」「どけどけー!」「きゃー!」     むらさきの こどもたちは ちからを あわせて、ほかの こどもたちを おいだしました。

P.8

P.1 2 3 4 5 6 7 8 91011121314