あとがき ―絵本「駅のホームにて」

この絵本は、連作絵本「想像という現実」の1作目という位置づけで執筆したものです。

もし、あなたがこの絵本に共感されたなら、出来るだけ多くの方に、読ませてあげていただければと思います。

本絵本は、自由にコピーして下さって結構です(商業出版はじめ金銭的な授受を伴う場合を除きます)。 また下記WEBからは、東郷潤の他の絵本やメッセージをダウンロードすることが出来ます。

www.j15.org

©Jun Togo 2010

11/11


☆あなたの感想をぜひお聞かせ下さい⇒




連作絵本−2「人違い」へ



関連テーマの絵本

この平和の絵本集では、無差別殺人や、人間が凶暴化する心理について、様々な側面から、繰り返し取り上げています。 興味のある方は、以下、ご参照ください。


この絵本「駅のホームにて」では、わざわざ腹が立つ想像を繰り返しました。では、そもそも腹が立つ想像をなぜ、わざわざ繰り返すのか。 ・・・絵本「平和主義?」に見られるような、蓄積した怒りは、腹が立つ想像をあえてする、そんな原因になるかもしれません。

「平和主義?」へ


絵本「どっちだ?」では、善悪の錯覚によって、無差別殺人を犯すような絶対的な孤独の闇に落ち込んでいく、そんな心理を描きます。

「どっちだ?」へ


絵本「ある星の飲酒運転」にも無差別殺人のシーンも登場します。 (絵本「ある星の飲酒運転」は、小さなお子様向きではありません)

「ある星の飲酒運転」へ


絵本「怯える人々」の中でも、無差別殺人が登場します。 人を凶暴化させる原因を、別の角度から描きます。闇と想像と恐怖がテーマです。

「怯える人々」へ


絵本「私は悪い人間です」では、自己暗示と凶暴化がテーマです。

「私は悪い人間です」へ








絵本の新作をメルマガで
お知らせします。
登録 メールアドレス:






P.1 2 3 4 5 6 7 8 91011