あとがき ―絵本「負けるものか!」

この絵本では、個人の葛藤をテーマとしましたが、これを個人に限定して考える必要はありません。 家族の葛藤でも、国内の葛藤でも、宗教間の葛藤でも、国と国との葛藤でも同じことです。 いかに、競争し、相手を出し抜き、相手に勝つか、 ・・・そんな生き方を選ぶことが出来ます。そしてもし、相互の力が拮抗していれば、一歩も前に進むことは出来ません。

同様に、いかに妥協し、いかに相手を尊重し、いかに調和、和の中で生きるか。協力の道を探るか。 ・・・そんな生き方を選ぶこともできるでしょう。 個々の力は弱くても、力を合わせれば、何倍にも出来るのです。

もし、あなたがこの絵本に共感されたなら、出来るだけ多くの方に、ご紹介していただければとお願いいたします。 本絵本は、自由にコピーして下さって結構です(商業出版はじめ金銭的な授受を伴う場合を除きます)。 また下記WEBからは、東郷潤の他の絵本やメッセージをダウンロードすることが出来ます。

www.j15.org

©Jun Togo 2008

P.16


☆あなたの感想をぜひお聞かせ下さい⇒



関連テーマの絵本

この絵本「負けるものか」で見たとおり、個人の意志の強さ・弱さに関わらず、心の中で葛藤を続けている限り、 何かを成し遂げる、ということは大変に難しいでしょう。
オムニバス絵本「失敗し続ける方法」では、様々な局面で、人が失敗してしまう共通の原因を描いています。
もし、葛藤を続けていたなら、もともとの意志の強さ・弱さとは無関係に (しかしあたかも、意志が弱いかのように)受験勉強をすることも、禁煙や禁酒をすることも、 はては麻薬中毒と戦うことも、大変に難しくなるでしょう。

受験に失敗する方法


禁煙に失敗し続ける方法


禁酒に失敗し続ける方法

(小さなお子様向きではありません)

麻薬中毒を続ける方法

(小さなお子様向きではありません)



ではそもそもなぜ葛藤が生まれ、深刻化するのでしょう?  絵本「良い子にならなきゃ」では、善悪の錯覚が、ごく簡単に人々の間に葛藤を生み、 大きく育ててしまう心理を描いています。

「良い子にならなきゃ」へ


そして善悪の錯覚は、葛藤を永続化させてしまうでしょう。 絵本「終わりの無い物語」で描くのは、永遠に続く葛藤/憎しみの連鎖です。

「終わりの無い物語」へ





では、葛藤にまで行かない場合はどうなるのでしょう?
つまり、心の中に相反する欲求が2つ有って、その力関係が互角ではない場合です。
心の中の欲求の、1つが大きく、もう1つが小さければ、小さい方は、葛藤までも行かずに抑圧されてしまうかも知れません。
絵本「平和主義?」のテーマは、いつもいつも抑圧された、1つの感情の物語です。

「平和主義?」へ

(小さなお子様向きではありません)



抑圧と心の壁には、むろん密接な関係があります。絵本「土の中」では心の壁の作り方を描きます。

「土の中」へ

(あまり小さなお子様向きではありません)



絵本「人命は何よりも大切だから」では別の角度から引きこもりの心理を描いています。

「人命は何よりも大切だから」








絵本の新作をメルマガで
お知らせします。
登録 メールアドレス:






P.1 2 3 4 5 6 7 8 910111213141516