スマホの方へ;PDFでご覧になれます。


★この絵本は、オムニバス絵本「失敗し続ける方法」の1部です。
犯罪を減らさない方法
強盗の絵(イラスト)です
東郷 潤
P.1



解説

 オムニバス絵本「失敗し続ける方法」の1部、「犯罪を減らさない方法」です。
 オムニバス絵本の他の作品と同様に、「悪を責めていれば、それで良い」といった思い込みの心理を描きます。

誤解を避けるために申し上げますが、「犯罪人を処罰することは悪いことだ」という主張をこの絵本でしているわけではありません。 逆に、「犯罪人を処罰することは善だ」と主張しているわけでも有りません。
 何か(誰か)が善か悪か、ということではなく、 善悪という大雑把な二分類を離れたところで初めて、 犯罪予防、再犯防止、被害者救済等、様々な社会問題を解決して行くための現実的なアプローチが見えてくるのではないでしょうか。

 なお本作品は、犯罪、刑罰、裁判制度といった社会問題に関するものであり、振り仮名は振っていません。

⇒絵本「犯罪を減らさない方法」のPDFファイルはこちらです



オムニバス絵本
「失敗し続ける方法」