怒りと憎しみ -絵本集

絵本集「怒りと憎しみ」の目次ページです。

和を地球へ-癒しの絵本で愛と平和を世界へ

愛の絵本を世界へ贈り平和と癒しを-和を地球へ

怒りと憎しみ -絵本集

 絵本集「怒りと憎しみ」です。
 20本前後の絵本集とする予定です。まずは怒りについて。次に怒りがどのように善悪で歪んでいるか。 それから怒りと憎しみの違いといったテーマを考えています。


怒りについて

 まずは怒りの自然な姿、その本来の役割について描きます。

愛と怒り
最初のページへ-絵本「愛と怒り」
怒りと愛の関係についてです
注意をひけるよ

最初のページへ-絵本「注意をひけるよ」
怒りの大切な役割のひとつを描きます
伝えられるよ

最初のページへ-絵本「伝えられるよ」
怒りを通した「痛みの共有」についてです
予防できるよ

最初のページへ-絵本「予防できるよ」
怒りが持つ「痛みの予防」効果について
怒らない不信

最初のページへ-絵本「怒らない不信」
怒りの前提となる信頼関係について
友達になれるよ

最初のページへ-絵本「友達になれるよ」
「相手に信頼を伝える」という怒りの役割

善悪で歪む怒り

 ここでは怒りがどのように善悪で錯覚され歪んでいるか、 そしてその本来の役割を果たせなくなっているかといった問題を描きます。
 はじめに以前描いた二つの絵本をご紹介します(「怒りと憎しみの絵本集」作成に伴い、WEBトップページから移動させました)。 最初の絵本は「優しい巨人」。怒っている人を悪人だと錯覚する悲劇を描きます。この絵本は2005年1月に発表したものです。

優しい巨人
最初のページへ-絵本「優しい巨人」
怒っている人を悪人だと錯覚したら?

 次の絵本は「平和主義」。この絵本では、怒りそのものを「悪」「悪い感情」と錯覚し、抑圧した場合の悲劇を描くものです。 この絵本は2010年2月に発表したものです。

平和主義?
最初のページへ-絵本「平和主義?」
怒りという感情そのものを悪だと錯覚し抑圧したら?

 ここからテーマに沿った新作絵本です。

怒りは善悪で歪む
最初のページへ-絵本「怒りは善悪で歪む」
ここまでをまとめてみました。
怒る危険
最初のページへ-絵本「怒る危険」
善悪で歪む世界で怒る危険
謝罪の危険
最初のページへ-絵本「謝罪の危険」
善悪で歪む世界で謝罪する危険
愛が見えない
最初のページへ-絵本「愛が見えない」
喫煙・家出・薬物・自殺など子供の自傷行為の心理

怒りと憎しみ

 怒りと憎しみの違い、その混同といったことを描きます。