国際連盟へ日本が提案した人種平等決議案




各国民均等の主権は国際連盟の基本的綱領なるにより、締約国はなるべく速やかに連盟員たる国家における一切の外国人に対し、 いかなる点についても均等公正の待遇を与え、人種あるいは国籍の如何により法律上あるいは事実上、何ら差別を設けざることを約す。



The equality of nations being a basic principle of the League of Nations, the High Contracting Parties agree to accord, as soon as possible, to all alien nationals of States members of the League equal and just treatment in every respect, making no distinction, either in law or in fact, on account of their race or nationality.




《注》一部、現代仮名遣いに改めた。
出典 国家と人種偏見  ポール・ゴードン・ローレン
The political and Diplomacy of Racial Discrimination Power and Prejudice by Paul Gordon Lauren


《参考》

⇒憂国の若きサムライたちへの檄文