復讐の相手~Ⅱ;平和の絵本

怒りや復讐心をいったい何にぶつけるのか? そこには大きな選択の余地があるのではないでしょうか。 絵本「愛する人が殺されたら -復讐の相手」の番外編といった心積もりで作成した絵本です。

和を地球へ-癒しの絵本で愛と平和を世界へ

贈る癒しの絵本で和を地球へ。世界へ愛と平和を
スマホの方へ;PDFでご覧になれます。


復讐の相手~Ⅱ
田舎道の絵、イラスト
東郷 潤

〔ふりがな〕
ふくしゅうのあいて-2       とうごう じゅん

1/11



解説「復讐の相手~Ⅱ」

 この絵本は、「愛する人が殺されたら -復讐の相手」 (小さいお子様向きではありません)の番外編といった位置づけで執筆したものです。
 怒りという感情。-この感情は、抑圧されることが多いものですが、筆者は実はとても大切にしています。 そこにはとても大きなエネルギーがあり、不安を乗り越え未来への道を切り開くといった、とても大きな役割を果たしてくれるものです。

 この平和の絵本の運動も、もとはといえば、戦争やイジメといった人為的な悲劇に対する、筆者の「怒り」がキッカケとなって 始まったものです。

 とはいえ、怒りの衝動に闇雲に従って、誰かを傷つけてしまったすれば、それは悲しいことです。 問題は、せっかく生まれた怒りのエネルギーを、何にどう使うかにあるのではないでしょうか。


*PDFファイルはこちらです。