スマホの方へ;PDFでご覧になれます。



それぞれの、深い望み
アフリカ人の女性の絵
東郷 潤

〔ふりがな〕
それぞれの、ふかい のぞみ      とうごう じゅん

1/13



〔解説〕絵本「それぞれの、深い望み」

 平和の絵本集では繰り返し、錯覚の危険について描いています。 では錯覚を排除した後に残るものとは何でしょう? ・・・それは「現実」に他なりません。

 一般的に心は変わりやすいものと考えられています。しかしながら、それは心の表層だけを捉えた見方に過ぎません。 雑念を払い、トラウマを解消し、歪みを越えて、より深く心の底に降りて行けば、そこには変わらない心の世界が存在するものです。
 読者の方がよくご存じの通り、物理的な世界は、物理法則に従って動いています。 同じように、心の世界にも法則が存在し、心の世界はその法則に従って動きます。

 この絵本「それぞれの、深い望み」は、錯覚を排除した後に残る、「現実」の1つを描いたものです。




⇒絵本「それぞれの、深い望み」のPDFファイルへ。プリントアウト用。授業なのでご自由に。

⇒Deep Desire of Each(「それぞれの、深い望み」英語版)





⇒低画質版はこちらです(回線エラーが出る場合、お試し下さい)。