スマホの方へ;PDFでご覧になれます。


私は悪い人間です
罪と祈りの遠い宇宙の星
東郷 潤


〔ふりがな〕
わたしはわるいにんげんです  とうごう じゅん
〔筆者注〕主の祈りと原罪
この絵本は、キリスト教(聖書)の「主の祈り」原罪思想に関して描いたものでは有りません。 地球の他の宗教とも無関係です。

1/10



〔解説〕絵本「私は悪い人間です」;罪と祈りと善悪の錯覚

罪の許しを神に祈る。
…部外者には何を意味するのか、なかなか分かりませんが、きっとそこには深い宗教的な意味があるのでしょう。
深い本物の祈り、信仰、そして罪、原罪といった考え方。
本物の宗教やその祈り、罪、原罪思想に関して、筆者はコメントできる立場ではありません。 信じなければ見えないことがあります。信仰に生きなければ、経験できないことがあるのです。

筆者は、この絵本で、本物の宗教や信仰や祈りに関して描くものではありません。
誤解を避けるために強調いたしますが、本物の宗教が説く罪や祈りは、この絵本のテーマではないのです。 この絵本が描くのは、あたかも本物のように見える、けれど似て非なる誤解・錯覚に関してです。…つまり善悪の錯覚がテーマです。

世界には善悪の誤解・錯覚が満ち溢れています。

「お前が悪い」「いいや、お前が悪い」。多くの人々がこんな議論を繰り返します。 対立する陣営・人々は、相互に相手を悪だと決め付け、それを証明するために大きなエネルギーを注ぎます。 違うイデオロギーを持つ人々は、意見の違いを認め相互理解を進める努力の代わりに、互いに相手を悪だとののしりあいます。 対立する国々は、それぞれに相手を「悪の帝国だ」「悪の同盟国だ」と主張します。 そしてそれを証明するために持てる力を総動員し、時には事実を一方的に誇張し、時には歴史をゆがめ、 時には、全くの嘘やでたらめを真実だと主張するのです。

しかしながら、誰かを悪だと決めつける(錯覚する)ことには、 ―そのために、どれほどの努力を注いだとしても、そしてたとえそれに成功したとしても―大きなリスクが伴います。 悪だとされた大勢の人々は、きっと傷つけられることでしょう。そして憎しみがどこまでも増幅されることでしょう。

この絵本では最も身近な存在(自分自身)を悪だと決め付け、錯覚することに関して、その潜在的な危険について描くものです。

さて、もう一度繰り返しますが、この絵本が描いているのは、「あなたが信じる本物の宗教」に関することではなく、 あたかも本物のように見える偽物の宗教、つまり、誤解・錯覚に関してです。 絵本の舞台も、地球とは無関係のどこか遠い星の上です。この点、いかなる誤解も無きようにお願い致します。



⇒私は悪い人間です(罪と祈りと錯覚を描く絵本)の読者感想文へ

⇒「私は悪い人間です」のPDFファイルです。

'I am bad' picture book; prayer and sin