スマホの方へ;PDFでご覧になれます。


連作絵本 想像という現実〜1
駅のホームにて
駅のホームの絵、イラスト
東郷 潤

1/11






解説「駅のホームにて;殺意(殺人衝動)の切っ掛け」

 この絵本は、想像と現実をテーマとした連作絵本「想像という現実」の第一本目となります。
 一本目のテーマは、人間が持つ「偉大な想像力」についてです。

 人間の想像力には大きな力があります。その力は時に人間にとって大変に有益なものですが、一歩間違えてしまえばそれは害をなします。 たとえば想像の内容によっては、殺意が生みだされることもあるでしょう。 極端な場合には無差別殺傷事件の動機/殺人衝動を形成することもあるのです。 この絵本「駅のホームにて」は、そんな想像について執筆したものです。

 さてこの絵本を皮切りに、連作絵本「想像という現実」では想像と現実の混同が織り成す様々な人間心理を描いていきます。 快楽殺人、死刑といった大変に重いテーマにまで掘り下げます。 想像と錯覚が持つ大変な力について、思いを馳せていただければ幸いです。

*あまり小さなお子様向きのテーマではなく、振り仮名はふっていません。




補足説明;想像と現実認識について

 誤解を避ける目的で、以下、補足説明を致します。
 この絵本の最後では、想像と現実の区別をうたっています。
 しかしながらより厳密な話をすれば、「想像と現実への認識を100%区別する」ということは、人間には不可能なことなのです。

 大変にややこしい話で恐縮なのですが…
 「想像」と「現実」は、決して対立する概念ではありません。 そもそも想像することがなければ、人の現実への認識は大変に限られたものとなってしまいます。

 このことは他人の気持ちについてお考えいただければ、簡単にご納得いただけると思います。
 他人の気持ちを(特殊な能力の持ち主ではない限り)人は直接には見ることができません。 しかしそれは、他人の気持ちが現実には存在しないということではありません。

 他人の気持ちは現実に存在します。 ・・・では、その他人の気持ちという現実をどうやって認識するのか? 
 目で見ることができない他人の気持ちは、「想像」することで、はじめて認識することが可能となります。 つまり想像力の助けを得て、はじめて人は五感の外側に広がる、より大きな現実を認識します。

 しかしながら一方で、想像は想像に過ぎないこともまた事実です。 つまり、人の現実認識は想像抜きでは成立せず、そのため人が行なう現実認識は常に間違う可能性を持っているものなのです。 人の現実認識は、現実と乖離することを、いわば宿命付けられています。 (なお、このテーマで連作絵本5本目「心という現実」を書いていますので、ご参照ください)

 人が行なう現実への認識と現実自体との乖離をできるだけ小さくする。 間違い/錯覚を減らしていく。・・・そこには、不断の努力が必要となります。 ここに人間であることの弱点があり、また挑戦が有るのかも知れません。

 さてこの絵本「駅のホームにて」の最後のページでは、想像と現実の区別を主張しています
 ここで言っている「想像」とは、上記でご説明した、「現実を認識するための想像」ではなく、「現実から乖離した、ただの想像」という意味となります。

 以上、蛇足ながら補足説明とさせていただきます。