スマホの方へ;PDFでもご覧になれます。


サングラス
サングラスの絵(イラスト)
東郷 潤

〔ふりがな〕
さんぐらす     とうごう じゅん

1/9



〔解説〕サングラス-理想主義の陥穽

 

世界には様々な素晴らしい理想があります。
これらの理想は、まぶしく光り輝き人々の心を魅了します。

しかしながら強すぎる光は、人々の目をくらまします。あまりにまぶしく強い光は、「見えない」という意味では、闇と変わりません。
もちろん、まぶしく光り輝き、夢中になれる何かは、理想主義だけに関連したものではありません。 恋人であろうと、わが子であろうと、お酒であろうと、その人にとってまぶしく輝くものであれば、それはその人にとって「見えない闇」となりうるのです。

誤解を避けるために申し上げますが、「理想が悪い」というのではないのです。「理想なんて、つまらないものだ」というのでもありません。
そうではなく、「素晴らしくて光り輝いている」がゆえに、目がくらむと申し上げています。

絵本「魔法のメガネ」や「見えない危険」では、色を失うメガネについて描きました。この絵本「サングラス」では、 同じ見えない危険について、違った角度から描くものです。


絵本「サングラス」のPDFファイルへ プリントアウト用。授業などでご自由に。

Sunglasses 英語版「サングラス」