スマホの方へ;PDFでご覧になれます。


★この絵本は、罰と恐怖の絵本集の1作品です。
ふざけるな、ばかやろう
強盗に脅かされ恐怖のあまり、金庫を開けようとする絵(イラスト)
東郷 潤

〔ふりがな〕
ふざけるな、ばかやろう     とうごう じゅん

1/7



〔解説〕絵本:「ふざけるな、ばかやろう」

 恐怖を利用した動機付けは、人の行動のコントロール・支配に大変に有効ではありますが、そこには様々な副作用も存在します。 この絵本は、その副作用を理解する上での、ごく基本的な心理を描くものです。 例として拳銃強盗をあげましたが、むろんそれに限るものではありません。神の呪い・神罰・地獄といった宗教的なものや、法律に基づいた刑罰、躾け・体罰、 あるいは口頭による脅しであっても、それが恐怖を利用するものであるなら、同じ副作用が生まれる可能性があるでしょう。

 絵本「ふざけるな、ばかやろう」は「罰と恐怖の絵本集」の1作品となります。

⇒絵本「ふざけるな、ばかやろう」のPDFファイルへ