スマホの方へ;PDFでご覧になれます。


★この絵本は、罰と恐怖の絵本集の1作品です。
罰は殺人を生む
牢獄の絵(イラスト)
東郷 潤

〔ふりがな〕
ばつは さつじんを うむ     とうごう じゅん

1/13



〔解説〕罰は殺人を生む

 ここまで罰の副作用として、罰が嘘・不信・暴力・絶望・緊張・萎縮・失敗・劣等感・上下関係の固定化・詐欺の原因となる心理を描いてきました。 この絵本で、ついに殺人が加わります。
 何度も繰り返しますが、罰の副作用をしつこく描いているのは、「罰することは悪だ」という主張をするためではありません。 善悪などという単純な二分類で、複雑な社会問題を解決することなど不可能です。ではどうするのか。人間の知恵を絞る必要があるのです。  

 絵本「改めて、罰って何?」は「罰と恐怖の絵本集」の1作品です。

⇒絵本「罰は殺人を生む」のPDFファイルへ