スマホの方へ;PDFでご覧になれます。


★この絵本は、罰と恐怖の絵本集の1作品です。
改めて、罰って何?
牢獄の絵(イラスト)
東郷 潤

〔ふりがな〕
あらためて、ばつって なに?     とうごう じゅん

1/13



〔解説〕改めて、罰って何?

 罰が何かというテーマについては、8年前に一度、絵本「「悪と罰」で描いています。 今回は同じテーマでより徹底して描いてみたものです。
 この絵本を読まれた方の中には、ある意味、中途半端な思い/感想を抱かれる方もいらっしゃるかも知れません。 「おまえの言うことは分かる。でも、だからどうしろって言うんだ?」とです。
 実はそれこそがこの絵本に込めた筆者の狙いです。 この言葉「どうしろって言うんだ?」をより主体的なものへと変えれば、「じゃ、何が出来るんだ?」となるでしょう。 「何が出来るのか」「そもそも、何か出来ることはあるのか」  この本来はとても自然に発生するであろう問題意識が、善悪の錯覚によっていわばブラックボックスと化して、人々の意識から抜け落ちてしまっている・・・、筆者はそんな気がしているのです。
 なおちなみに、辞書によれば、「罰」は[罪や過ちに対するこらしめ。仕置き]となっています。

 絵本「改めて、罰って何?」は「罰と恐怖の絵本集」の1作品です。

⇒絵本「改めて、罰って何?」のPDFファイルへ