スマホの方へ;PDFでご覧になれます。


★この絵本は、罰と恐怖の絵本集の1作品です。
罰は、さらなる犠牲者を生む
 殴られて腫れた頬の少年の絵(イラスト)
東郷 潤

〔ふりがな〕
ばつは、さらなるぎせいしゃを うむ     とうごう じゅん

1/12



〔解説〕罰は、さらなる犠牲者を生む

 罰には、社会秩序の維持の他に、復讐という目的もあるでしょう。「目には目を、歯には歯を」という言葉も存在しています。 この絵本では、そんな復讐としての罰(の副作用)を描くものです。 なお絵本「愛する人が殺されたら―復讐の相手」 及び「復讐の相手〜U」でも、復讐をテーマとして取り上げています。併せてご覧いただければ幸いです。

 何度も繰り返しますが、罰の副作用を描いているのは、「罰は悪だ」という主張をするためではありませんので、念のため。
 絵本「罰は、さらなる犠牲者を生む」は「罰と恐怖の絵本集」の1作品です。

⇒絵本「罰は、さらなる犠牲者を生む」のPDFファイルへ