罰は弱者の不幸を生む;罰と恐怖の絵本集;;平和の絵本

罰は強者(上の立場の者)が弱者(下の立場の者)に対して下す攻撃です。 それは必ず「不公平」なものとなるでしょう。

和を地球へ-癒しの絵本で愛と平和を世界へ

贈る癒しの絵本で和を地球へ。世界へ愛と平和を
スマホの方へ;PDFでご覧になれます。


★この絵本は、罰と恐怖の絵本集の1作品です。
罰は弱者の不幸を生む
 密室殺人の絵(イラスト)
東郷 潤

〔ふりがな〕
ばつは じゃくしゃのふこうを うむ     とうごう じゅん

1/12



〔解説〕罰は弱者の不幸を生む

 罰は、上から下へ下す、一方的な攻撃です。その性格上、罰が不公平なものとなってしまうことは避けられません。 罰が公平となるのは、限られた条件、限られた場の中だけです。 この絵本「罰は弱者の不幸を生む」では、そんな罰の不公平さに焦点を当ててみました。

 何度も繰り返しますが、罰の副作用を描いているのは「罰は悪だ」という主張をするためではありません。
 絵本「罰は弱者の不幸を生む」は「罰と恐怖の絵本集」の1作品です。

⇒絵本「罰は弱者の不幸を生む」のPDFファイルへ


〔善悪の支配図〕

 この絵本が関連しているのは主に赤枠部分です(図をクリックすると大きくなります)。
 「善悪」という単純な言葉の裏には数十個の心理トリックの集合体が存在しています。 詳細は 「善悪という怪物」をご参照下さい。

善悪の支配図