スマホの方へ;PDFでご覧になれます。


★この絵本は生と死の絵本集の1作品です。
何があっても
綱渡りの絵(イラスト)です
東郷 潤

〔ふりがな〕
なにが あっても
とうごう じゅん

P.1




〔解説〕絵本「何があっても」; 生と死の絵本集

 この絵本に解説は、あまり馴染まないかも知れません。というのも、この絵本で描いているのはイメージそのものだからです。

 分析すればイメージは壊れるものです。ですから、どうかこの絵本を理解しようと試みないで下さい。 難しい理屈を並べて分かろうなどとは、しないで下さい。 考えるのではなく、ただ感じて頂きたいのです。この絵本で描いたイメージをただそのまま受け取って、そっとあなたの心の底に沈ませて下さい。


⇒絵本「何があっても」のPDFファイルは、こちらです。