生と死に関する絵本集


 死を考えることは生を考えること。・・・遅かれ早かれ人は必ず死ぬものです。死から目をそらせば、それはまた錯覚の原因となり、 自分が本当に望む人生を生きることは難しくなるでしょう。生と死をテーマとした絵本集、お楽しみください。




人命は何よりも大切だから
絵本「人命は何よりも大切だから」へ
人命尊重と生きることの逆相関関係とは
ここにも中庸の道が存在するのかも知れません。
負ける喧嘩
絵本「負ける喧嘩」へ
喧嘩しても勝ち目がない時は、我慢するしかないのでしょうか。
一緒に行くよ
絵本「一緒に行くよ」へ
人の命と拝金主義・出世主義・事なかれ主義
生きることの意味とは?
沈黙の声
絵本「沈黙の声」へ
強者と弱者が戦うということは?
あなたには沈黙の声、聞こえますか?
常住死身
絵本「常住死身」へ
葉隠を取り上げています。
現代に生きる知恵をお汲み取りください。
何があっても
絵本「何があっても」へ
人生という綱渡りは危険がいっぱい、・・・なのでしょうか?


☆あなたの感想をぜひお聞かせ下さい⇒










辞世の句をつくってみませんか?(辞世の句 Facebookファン頁へ)