スマホの方へ;PDFでご覧になれます。


★この絵本は、お金と経済の絵本集の1作品です。
みなし人件費率
雇用貢献認定品の絵(イラスト)
東郷 潤

〔ふりがな〕
みなし じんけんひりつ     とうごう じゅん

1/27



〔解説〕みなし人件費率−現代経済に関する諸問題解決へのアイデア

 現代では科学技術の発展等によって、(過去と比較すれば)恐ろしいほどの生産性向上が達成されています。 この高い生産性の下、無軌道に自由競争・自由貿易を続ければ、失業率の増加/財政収支の赤字化/税率の上昇 といったネガティブなサイクルを避けることはとても難しいでしょう。 そんな問題意識で、ここまで3本の絵本を発表しています。

 この絵本「みなし人件費率」は、3本の絵本で描いた経済問題に対する筆者なりの回答編です。 ここで描いているのは、筆者オリジナルのアイデアです。これは机上のアイデアに過ぎず、決して完全なものではありません。 もちろん、筆者が見落としていることもたくさんあるでしょう。

 とはいえ、このまま手をこまねいているだけでは、何一つ解決しません。失業者の増加は社会不安へと直結し、それはテロ・戦争の誘因ともなるのです。 この絵本を切っ掛けに「このままでは、まずい。じゃ、どうしよう?」という議論が生まれることを切に願います。

⇒絵本「みなし人件費率」のPDFファイルへ