オムニバス絵本「失敗し続ける方法」

☆オムニバス絵本「失敗しつづける方法」は、それぞれ同じ(もしくは類似の)ストーリーを持つ、下表の複数の絵本集から出来ています。
☆読む順番は決まっていませんが、ご関心が薄いテーマから強いテーマへ向けてお読みいただければ(盛り上がるかと思いますので)ありがたいです。




オムニバス絵本「失敗しつづける方法」


泥棒(どろぼう)を減(へ)らさない方法(ほうほう)

窃盗犯の再犯といった社会問題をテーマとした絵本です。
他の絵本と同様に逆説的な題名です。
受験(じゅけん)に失敗(しっぱい)する方法(ほうほう)

この絵本は学生さんはじめ、保護者や先生の方へお読みいただくことを意識しています。
イジメや家庭内暴力についても、簡単に触れています。
禁煙に失敗し続ける方法

禁煙に悩んだ経験がある方には、是非、ご覧頂きたく存じます。
少し大人向きです。振り仮名も振っていません。
禁酒に失敗し続ける方法

お酒の問題で悩んだ経験がある方には、是非、ご覧頂きたく存じます。
少し大人向きです。振り仮名も振っていません。
麻薬中毒を続ける方法

麻薬中毒がテーマです。
この題名も逆説的につけているもので、麻薬使用を奨励するものでは有りません。
少し大人向きです。振り仮名も振っていません。
犯罪を減らさない方法

犯罪の原因、裁判制度、犯罪予防といったことをテーマとしています。
少し大人向きです。振り仮名も振っていません。



☆あなたの感想をぜひお聞かせ下さい⇒




〔解説〕オムニバス絵本「失敗しつづける方法」について


「悪を責め(罰し)さえすれば、それで良いんだ」という思い込み(=錯覚)が、多くの人々の深層心理に存在していることは、 問題が生じた場合(個人の失敗でも犯罪でも戦争でも)に、極めて容易に、観察・推論することが出来ます。
この錯覚は、個人の生活の隅々へ影響し、また様々な社会問題の解決を難しいものとしているようです。

むろん、責めること/罰が持つ抑制効果というものは存在しています。 つまり、責められたくない/罰が怖い故に、やらない(あるいは、逆に強制してやらせるということもあるでしょう)、という場合です。 ・・・その抑制効果(強制効果)は決して弱いものではありません。 弱いものではありませんが、しかしながら同時に、それは万能ではなく、強い副作用も存在しています。

罰という抑制効果(強制効果)が、期待した効果を上げられない場合/副作用を生じる場合を、思いつくままに簡単に箇条書きしてみましょう。

このように、罰することの抑制効果には、大きな限界があります。 限界がある抑制効果をもし万能であると思ったなら、―それは錯覚であり、妄想であり、現実逃避です。 錯覚に逃避することは出来ますが、いくら逃避しても、現実を望む方向に変えることはできません。

こうして、多くの悲劇が、手付かずで存在を続けます。失敗が繰り返されます。

ここでは、それぞれ違う状況でありながら、類似のストーリーを持つオムニバス絵本集を利用して、異なる局面の同一の心理/錯覚 ―この錯覚は、「八つ当たりの心理」とも言えるでしょう―の姿を浮き彫りに出来ればと考えています。

なお逆に、責めること/罰することを悪だとし、どんな場合でも、その抑制効果を認めなければ、―それも同じく錯覚でしょう。
例えば、先生の体罰で、立ち直る子供も、確かに存在するのです。

善悪という大雑把な2分類の危険について、思いを馳せていただければ幸いです。





関連テーマの絵本

このオムニバス絵本の中で、人々は延々と失敗を繰り返します。 いわば錯覚によって、永遠に続く葛藤の中に閉じ込められているのです。 絵本「終わりの無い物語」のテーマも、錯覚を原因とする、永遠に続く葛藤―憎しみの連鎖―です。

終わりの無い物語

絵本「僕らは特別」のテーマも、錯覚を原因とする、永遠に続く葛藤―苛めと被害者意識―です。

僕らは特別

上記箇条書きの中の「相手の方が強くて、罰することが出来ない」に関しては、絵本「悪と罰」をご参照下さい。

絵本「悪と罰」

上記箇条書きの中の「罰の犠牲者(=罰せられる人)の増加」に関しては、絵本「ある星の飲酒運転」をご参照下さい。

ある星の飲酒運転