子供を犯罪者にする方法:絵本で描く少年犯罪、非行の心理(原因)

少年犯罪の原因とは何? ある日突然、子供が非行や少年犯罪に走る原因・心理とは? 子供たちの非行や少年犯罪の防止へご参考にして頂ければ幸いです。 なおこのタイトルは逆説的な表現であり子供を犯罪者に育てることをお勧めするものではありません。

和を地球へ-癒しの絵本で愛と平和を世界へ

贈る癒しの絵本で和を地球へ。世界へ愛と平和を
☆スマホの方はどちらか読みやすい方でどうぞ(解説はこの頁で)。
スマホ用の絵本(WEB)
スマホ用の絵本(PDF)
子供を犯罪者に育てる方法
犯罪を繰り返す非行少年の絵
東郷 潤

〔ふりがな〕
こどもを はんざいしゃに そだてるほうほう  とうごう じゅん

1/11



解説 「子供を犯罪者に育てる方法」:少年犯罪の原因-絵本で描く「非行」の心理

 それまで「優等生」だった子供が、ある日を境に突然、非行に走る。少年犯罪を繰り返す。
 「あんなに良い子だったのに、…優等生だったあの子がなぜ犯罪なんか?」

 ―そんな非行や少年犯罪の心理・原因にも、善悪の錯覚が深く関わっているようです。

 善悪が生む様々な錯覚について考えれば、子供が優等生となるのも非行少年となって少年犯罪まで犯してしまうのも、 そもそも同じ原因-いわばコインの裏表―である可能性が理解できます。

 そうすれば、上記の質問「なぜ優等生が少年犯罪?」が、どれほど無意味なものかも、お分かりになっていただけるはずです。

 善悪の恐ろしさは、「子供を少しでも良い子に育てたい」「非行や犯罪など絶対にやってほしくない」 ―そんな親の当たり前の願いや愛に対する「罠」として働くところにあります。 一所懸命、子供を教育したつもりになって(子供を教育したと錯覚して)、その実、何一つ、教えていない。 しかし、善悪が目隠しとなって、それに気づかない…。

 子供というのは、基本的に単純なものです。未熟であるがゆえに、簡単に落ち込み、絶望します。 感情コントロールに不慣れなため、ちょっとしたことで「切れ」ることがあるのです。

 そして、一時的に切れた子供がそれでも非行や少年犯罪にまで至らないためには、普段からの教育がとても大切です。 しかしながら、子供を教育したつもりになって実際は何も教育していなければ、 取り返しのつかないところまで子供が突っ走ってしまい、非行や少年犯罪を犯したとしても、何ら不思議なことはありません。

 この絵本「子供を犯罪者に育てる方法」では、そんな「教えたつもりになって教えていない」善悪の錯覚、 非行や少年犯罪に至る子供の心理を、出来るだけ単純化して描いたものです。

 善悪が生む錯覚は、戦争・テロ・宗教の対立・人種差別などの原因となるだけではなく、この絵本で見るとおり、 ごくごく身近なところで子供たちの心を蝕み・傷つけ、非行や少年犯罪の原因にもなっているのです。 (善悪の錯覚は、無差別殺人の土壌ともなるでしょう。無差別殺人につながる善悪の錯覚については、絵本「どっちだ?」をご参照ください

 いうまでもなく、犯罪は被害者にとっても、また、加害者にとっても、大きな悲劇です。 深刻な犯罪は、ときに被害者や加害者の一生を狂わせてしまいます。 さらに、申し上げれば、21世紀の初頭現在において、この善悪の錯覚の恐ろしさに気づいている人は、決して多くは有りません。 善悪の錯覚は放置されたまま、様々なメディア、教育機関、宗教団体、先生方、保護者(親)の手によって、世界ベースで、 (もともとは愛を動機として)善悪の大切さばかりが強調され続けているのです。そして、悲劇が繰り返されています

 いわば、人類を飲み込む巨大なマインドコントロールの渦が、回転をし続けているのです。

マインドコントロールの渦





善悪の支配図(心理トリックの集合体図)

 この絵本で取り上げているのは主に赤枠部分です(図をクリックすると大きくなります)。
 「善悪」という言葉は、数十個の心理トリックの集合体と、潜在意識下でほぼ一体化しています。 それぞれの心理トリックは有機的に絡み合っており、この集合体は、目に見えない・複雑怪奇な・巨大なものです。
 全体像については、「善悪という怪物」をご覧ください。

善悪の支配図



平和の絵本

世界平和の絵本集(WEBトップ頁)
クイックツアー-QT
お母様へ(子供を心の病から守る)-QT 悩み落ち込む方へ-QT イジメ・虐待問題-QT 政治・社会問題-QT 戦争と平和-QT 国を憂う方へ-QT

絵本集
本当に悪いのは誰? 世界を巡る攻撃命令 正しいことって何? 攻撃命令無制限
殴れるよ 見下せるよ 誤魔化せるよ
良い子にならなきゃ(地獄の恐怖) やるかやられるか パブロフの犬(条件反射の心理学)
子供を犯罪者に(少年犯罪の原因) 教育マシン(子供の教育に) どっちだ?(孤独の心理)
悪いことは悪い 二重に隠れて 大事な議論 正義の味方
サングラス(理想主義の罠) 出ていて引っ込んでいるもの 認識のパターン(絵本集)
終わりの無い物語(憎しみの連鎖) 私は悪い人間です(罪と祈り)
魔法のメガネ(いじめや戦争) 見えない危険(軍拡の心理) 怯える人々(恐怖で狂暴に) 負けるものか(意志が弱い方へ)
善悪と愛憎 愛と嘘(嘘と偽善) 愛と敵(虐待へ) 愛を命令しないで(オムニバス絵本)
神と善悪 悪人さん、ありがとう 失敗し続ける方法(オムニバス絵本) バカ自慢-絵本集 怒りと憎しみ -絵本集
悪と罰(罰の心理) ある星の飲酒運転(酒酔い運転防止) 罰とイジメと自殺のロンド 罰と恐怖(絵本集)
愛する人が殺されたら―復讐の相手 復讐の相手-Ⅱ 想像という現実(連作絵本) 嫌な気持ちになる絵本 それぞれの深い望み
嵐と湖(心の悩みへ) 待って(焦りと不安へ) 国破れて
生と死(絵本集) お金と経済(絵本集) 民主主義(絵本集)
リンゴ異文化騒動記 僕らは特別(被害者意識) 一輪の花(原爆の廃絶) 差別について(絵本集) 日本独立の選択

平和の絵本理論書
善悪中毒の心理学/善悪という怪物

ボランティア
ボランティアのお願い -寄付のお願い -協賛企業 -リンクのお願い

絵本の運動について
平和の絵本の運動 -平和の旅(絵本の贈り先) -キャンペーン -メッセージ広告 -善悪の心理テスト -活動方針 -活動の記録 -メルマガ

イラスト
イラストレーターが描く平和の絵/絵本 イラストレーター公募(絵の書き直し)

メッセージ/手紙
平和のメッセージ集 「和」とは? 精神世界の旅人へ(気づきと戦争) 教育者の方へ(道徳教材) 心の癒しへ 世界平和を願う方(反戦運動へ) 憂国の侍へ -人種平等決議案 -市丸少将の手紙

平和の絵本について
和を地球へ(私どものご紹介) お問い合わせ(感想/メッセージ) リンク集 サイトマップ

管理サイト
平和の絵本から、ありがとう 活動日誌 本屋さん Diary & LettersPeace Picture Books ユーチューブ(絵本の読み聞かせ) 平和の絵本のFBファン頁 PeacePictureBooksFB fan page ツイッター

平和の絵本のメルマガ登録

読者購読規約
⇒バックナンバー