イジメ・虐待問題のQT


根っこからイジメ・虐待問題を考える

 イジメの心理的原因としては、やはり善悪中毒を避けて通るわけにはいきません。 視点によって(見かたによって)、全く同じ行為が、悪との戦いになり、またイジメにもなるのです。 朋子さんの水彩画でお楽しみください。 @少し、残酷なシーンがあります。

魔法のメガネ(by 朋子さん)
絵本「朋子さんの水彩画の魔法のめがね」へ

 善悪中毒は子供のときから、まるで条件反射のような心の癖として、作られていきます。

パブロフの犬
絵本「朋子さんの水彩画の魔法のめがね」へ

 何が何でも、悪ではなく善にならなければいけない。・・・これは多くの人々にとって強迫観念となっているようです。 この強迫観念は、たとえばこんな心理の流れからも形成されるでしょう。

良い子にならなきゃ
絵本「良い子にならなきゃ」へ

 多くの人々が強迫観念を共有すれば、それは増幅され、「現実」となるでしょう。

悪人さん、ありがとう
絵本「悪人さん、ありがとう」へ

 苛められないために、もっとも手っ取り早い方法は、苛める側に立つことです。 この心理が、イジメの発見を遅らさせ、またエスカレートさせると考えられます。 苛めることを拒否し、自分もまた苛められる危険に直面するか。それとも苛める側に立ち、当面の身の安全を図るか。 この選択は、時に大変深刻なものとなるでしょう。

やるか、やられるか
絵本「やるか、やられるか」へ

 固定化した被害者意識もまた、イジメ問題の解決を難しくするでしょう。

ぼくらは特別
絵本「ぼくらは特別」へ

 いじめ問題を、「イジメは悪。虐めっ子は悪い子」といった単純な構図でとらえても、その心理・原因を理解することは 出来ません。虐めっ子もまた、正義のために戦っているのかもしれない、そんな可能性をご理解ください。

正義の味方
絵本「正義の味方」へ

 「仲良くしなさい」という命令が、イジメを生むこともあるでしょう。愛は命令では生まれません。

罰とイジメと自殺のロンド
絵本「罰とイジメと自殺のロンド」へ

 命令で愛が生まれるという誤解は、虐待の原因にもなるのです。次の絵本は子供への虐待がテーマです。

子供を愛しなさい
絵本「子供を愛しなさい」へ

 同じ錯覚から性的な虐待も生まれます。

恋人を愛しなさい
絵本「恋人を愛しなさい」へ





 これでイジメ・虐待問題に関するクイックツアーは終わりです。 こうした絵本を親子で話し合うときのキッカケ、学校のホームルームの教材など、状況に応じてご活用いただければ嬉しいです (参考 教育者の方へ ―平和の絵本を道徳教材としてご利用下さい)。  商業目的を除き、コピーはご自由にどうぞ(朋子さんの絵はコピー不可です。僕のオリジナルをご利用下さい)。印刷しやすいようにPDFファイルも用意してあります。

 さて、この平和の絵本集には、この他にも引きこもりや戦争・心の悩みなど、様々なテーマの絵本がたくさんあります。 お時間があるときに、じっくりと他の絵本もお読みになって頂ければ嬉しいです。

 ありがとうございました。

根っこからイジメ・虐待を解決しよう