★★★「原爆への復讐」の販売は終了いたしました。★★★
改訂版「二千年の幻想」をこちらのサイトで販売中です。



原爆への復讐
―全て「善悪」が原因だった!―
  原爆の絵;聖書論歴史編
東郷潤

表紙

本書を読まないでください!

あなたは、善を愛し悪を憎むことを大切だとお思いでしょうか?
もしそうなら、どうか本書「原爆への復讐」をお読みにならないでください。

筆者が最も懸念しているのは、「この本は特定の人々・国を(悪だと)批判するものだ」と誤解されることです。 本書は批判目的のものではありません。
もしあなたが善悪の別を大切だとお考えでしたら、本書「原爆への復讐」をそのように誤解してしまう危険がとても大きいのです。

あなたがもし「善悪」が生む危険についてご存知ない場合は、どうか弊著「善悪中毒」からお読みいただきたく、お願い致します。

WEB本「原爆への復讐―聖書論(歴史編)」について

本書「原爆への復讐」は、はじめの35ページ目までを無料でweb上でお読みいただくことが出来ます。(全部で111頁)

引き続き本書「原爆への復讐」を最終ページまでお読みになりたい方は、有料(千円)となります。注文のページより、お願い致します。 ご入金を確認しだい、PDFファイルにて、ご指定のe−mailアドレスへ送信いたします。(紙ベースではお送りしません)

本書「原爆への復讐」は、善悪中毒シリーズの2巻目として執筆したものですが、内容的には独立しており、 本書からお読みになられても、(善悪の錯覚から自由な方であるなら)ご理解いただけるものと思います。 また、本書「原爆への復讐」には聖書論の前半としての位置づけもあります。なお、聖書論後半については、現在、執筆中です。

さて本書の内容ですが、原爆や復讐といったタイトルからご想像いただける通り、大変に重く刺激的なものです。 広島・長崎への原爆投下やホロコースト、魔女裁判、植民地戦争、奴隷制度、人種差別、障害者差別、東京裁判などにも言及しており、 宗教に関連した非常にデリケートなテーマを論じます。

本書は決して万人にお勧めできるものでは有りません。 もし何ページかお読みになって、刺激的過ぎる・重すぎるとお感じになられましたら、ご購読はご遠慮いただきますようにお願いします。

逆に、原爆をはじめとする核兵器の廃絶や世界平和の達成、戦争・人種差別など人類の様々な悲劇の原因といったことへ真摯なご関心をお持ちの方は、是非、時間を掛けて、御熟読いただきたくご案内申し上げます。

一人の読者の方から、こんなご感想をいただきました。
「ある人々が優越的であることへの疑問に 答える大きな糸口がこんなところにあるとは思いもよりませんでした。」  きっと貴方が、世界で3度目の原爆投下を防ぎ、恒久的な世界平和を達成するための思いもよらぬ糸口を見出されますよう、希望しております。







  ご参考

  原爆に関する平和の絵本

  復讐に関する平和の絵本   読者の方からのご意見・ご感想