もちろん錯覚は錯覚にすぎません。日米間の交流を進めていくだけでも錯覚に働きかけることが可能です。 実際に会えば、相手が何か得体の知れない「悪」などではないと自然に実感するものです。 幸い両国の間には深い交流があり、「日本人は異教徒であり悪だ」という錯覚を持つ方は、もしまだいらっしゃったとしても減少しつつあるでしょう。
人間を悪魔だと錯覚する絵(イラスト)
とはいえ錯覚の危険に積極的に対応していくという選択肢は当然、存在しています。
▼米国民の一部がまだ保持しているかもしれない、宗教的な錯覚・誤解 へ積極的に働きかけていく。―選択3のBの(4)

●宗教的な錯覚に関する参考絵本;「私は悪い人間です」「愛と嘘」「愛と敵」オムニバス絵本「愛を命令しないで」「僕らは特別」「良い子にならなきゃ」「神と善悪」「宇宙の異教徒」など。
●宗教的な錯覚に関して、より詳細は善悪中毒3部作をご参照ください。
●この絵は「不安な初対面」から。

19/56
目次; 日本独立の選択

表紙 日本の現状 在日米軍基地の返還方法
日本の米国化  日本の国益  戦争協力  日本の現状を変更する  米国民との協調 憲法問題 返還方法のまとめ
  経済的な問題 宗教的な問題 復讐の恐れ 自主憲法
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 1112 1314 1516 17 1819 20212223
24252627
282930 3132 33

国防       日本の未来を予測する   文中選択肢一覧  あとがき 
軍事的な緊張 防衛力の基本的な考え方 非武装 核武装 国土強靭化 非致死性兵器 シーレーン 「選択をしない」という選択をした場合 選択をした場合  
34353637 383940414243 4445 46 47 48 4950 51 52 53 5455 56