そこで日本国が持つ平和ブランドを徹底的に利用するのです。この平和ブランドは現代日本が70年間育ててきたものに他なりません。
戦争に自衛隊は出しませんという絵(イラスト)
「なんて日本人は公正で平和を愛する民族なんだ! 日本人が悪だというのは全くの思い違いだった。こんなに立派な人々を基地で抑え込むのはバカバカしい!」と思ってもらえたとすれば、基地の返還もよりスムーズに進むことでしょう。 それを考えると米国(に限らず国連も含めて他国)の戦争にどこまで協力するのか、よくよく考えなければなりません。以下を意識的に選択する必要があるのです。
▼給油活動などの後方支援をどこまでするか・しないか。戦費は出すか・出さないか。国連や多国籍軍の活動に派兵するか・しないか。―選択3のBの(6)のa

[注]
異文化間の交渉事は、誤解が生まれやすく、相互理解にはそれなりの工夫が必要です。 絵本「リンゴ異文化騒動記」ではそんな誤解を描いています。

26/56
目次; 日本独立の選択

表紙 日本の現状 在日米軍基地の返還方法
日本の米国化  日本の国益  戦争協力  日本の現状を変更する  米国民との協調 憲法問題 返還方法のまとめ
  経済的な問題 宗教的な問題 復讐の恐れ 自主憲法
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 1112 1314 1516 17 1819 20212223
24252627
282930 3132 33

国防       日本の未来を予測する   文中選択肢一覧  あとがき 
軍事的な緊張 防衛力の基本的な考え方 非武装 核武装 国土強靭化 非致死性兵器 シーレーン 「選択をしない」という選択をした場合 選択をした場合  
34353637 383940414243 4445 46 47 48 4950 51 52 53 5455 56