それから違憲問題です。まず憲法9条の条文を見てみましょう。
1)日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2)前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。
これを素直に読めば、集団的自衛権も自衛隊もどちらも違憲です。 合憲だとすることは法治主義に反し、ご都合主義であることは間違いがありません。 また憲法は本来、日本国なり日本国民のために存在するものです。憲法を守ることよりも、日本国や国民の命を守ることの方が、はるかに大切なのはいうまでもありません。 このあたりの矛盾に関しては、僕自身は米国占領下のコストの一つといった理解をしています。そもそも他国に軍事基地に占領された国に、完全な法治主義・民主主義・国民主権などを期待する方が無理ではないでしょうか? それらの結構な「主義」は、占領軍が許す範囲でという条件付きのものです。 いかがでしょうか。護憲派と改憲派の意見は決して対立するものではないこと、ご理解いただけたでしょうか。
憲法が禁じているので戦争は出来ませんという絵(イラスト)

30/56
目次; 日本独立の選択

表紙 日本の現状 在日米軍基地の返還方法
日本の米国化  日本の国益  戦争協力  日本の現状を変更する  米国民との協調 憲法問題 返還方法のまとめ
  経済的な問題 宗教的な問題 復讐の恐れ 自主憲法
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 1112 1314 1516 17 1819 20212223
24252627
282930 3132 33

国防       日本の未来を予測する   文中選択肢一覧  あとがき 
軍事的な緊張 防衛力の基本的な考え方 非武装 核武装 国土強靭化 非致死性兵器 シーレーン 「選択をしない」という選択をした場合 選択をした場合  
34353637 383940414243 4445 46 47 48 4950 51 52 53 5455 56