善悪や愛の命令や過剰生産性の錯覚は、テロ・戦争の原因となるでしょう。 平和の絵本では、こうしたテロ・戦争の大元の原因を特定し、その解決を目指していますが、まだ現実の世界ではこうした錯覚が蔓延している状況です。 つまりテロや戦争の原因が現代世界に存在する以上、日本がテロや戦争のターゲットとなる可能性は決して低くはありません。

米国の基地が返還され日本が非武装となった後に、「地域の安定のため」に周辺諸国の軍隊が日本に進駐してくるのでは意味がありません。 意味がないという以上に、それは戦争の可能性を高めるということです(例えば軍事的に空白地帯となった日本へ周辺諸国の軍が進駐し、陣取り合戦を始めることを想像して下さい)。

陣取り合戦の絵(イラスト)
非武装という選択肢は未来のものであり、今はまだ時期尚早でしょう。しかしながらそれは非武装/世界平和という理想を諦めるということでは決してありません。我々平和の絵本もまたその夢を信じてコツコツと努力を続けているのです。 以下の選択肢を示して、この項を終わります。
▼恒久的な世界平和の達成を目指してテロ・戦争の原因を一つずつ解決して行く。―選択5のDの(1)

45/56
目次; 日本独立の選択

表紙 日本の現状 在日米軍基地の返還方法
日本の米国化  日本の国益  戦争協力  日本の現状を変更する  米国民との協調 憲法問題 返還方法のまとめ
  経済的な問題 宗教的な問題 復讐の恐れ 自主憲法
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 1112 1314 1516 17 1819 20212223
24252627
282930 3132 33

国防       日本の未来を予測する   文中選択肢一覧  あとがき 
軍事的な緊張 防衛力の基本的な考え方 非武装 核武装 国土強靭化 非致死性兵器 シーレーン 「選択をしない」という選択をした場合 選択をした場合  
34353637 383940414243 4445 46 47 48 4950 51 52 53 5455 56