在日米軍基地が撤退することで、台湾と中国の間、および韓国と北朝鮮の間の軍事バランスにはネガティブな影響が生じるかも知れません。しかしながらそれは、(少し冷たい言い方になりますが)台湾なり韓国の問題であり、日本が在日米軍基地の負担を無条件に受け入れるという話ではありません。

国際関係は軍事に限るものではありません。米国の保護国でなくなれば、日本は今のようには米国に気を遣わずに、どの国とも外交・経済・政治・文化など様々な局面で、軍事的な緊張を低めるための工夫を考え実行できるでしょう。日本は数千年間、在日米軍基地無しで国防を行なってきたのです。拉致問題、北方領土問題、尖閣・竹島問題なども、現在の恐ろしく硬直的な外交だけではなく、硬軟使い分けたあの手・この手を使うことが出来るでしょう。

例を挙げれば、北方領土の交渉に絡めてシベリアに核のゴミ捨て場を取得するとか、パイプラインプロジェクト(ロシアからのエネルギー輸入)で有利な条件を獲得するとか、柔軟で総合的な交渉術です。ロシアとの関係が好転すれば、それは中国や北朝鮮との関係にもプラスの影響を与えます。国防の負担は大きく減ることとなるでしょう。

▼日本の自由な意志と発想で周辺諸国との交流を深め友好関係を促進し、国の安全を図る。―選択4
とはいえ必ずうまく行くという保証があるわけではありません。在日米軍が撤退した途端に、「お、チャンスだ。日本を占領しよう」などとトチ狂ったことを考える国が絶対に出て来ないとは言い切れません。

治にいて乱を忘れず。次は防衛力について考えてみましょう。


37/56
目次; 日本独立の選択

表紙 日本の現状 在日米軍基地の返還方法
日本の米国化  日本の国益  戦争協力  日本の現状を変更する  米国民との協調 憲法問題 返還方法のまとめ
  経済的な問題 宗教的な問題 復讐の恐れ 自主憲法
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 1112 1314 1516 17 1819 20212223
24252627
282930 3132 33

国防       日本の未来を予測する   文中選択肢一覧  あとがき 
軍事的な緊張 防衛力の基本的な考え方 非武装 核武装 国土強靭化 非致死性兵器 シーレーン 「選択をしない」という選択をした場合 選択をした場合  
34353637 383940414243 4445 46 47 48 4950 51 52 53 5455 56