「貴様、俺に謝れというのか! ふざけるな! 俺は悪くなんかない。俺は、自由と民主主義と人権と正義のために戦ったんだ!」

「分かっているわ」
「え?」一輪の花の絵です。
「あなたが悪人だなんて、誰が言ったの?」
「だって、お前は花を手向けろと言うじゃないか!」
「そうですよ。私は、花を手向けなさいといっているだけですよ」

「つまり、俺が悪いから、謝れということだろう!?」
「そんなこと、一言も言っていないわ。花を手向けなさいといっているだけ」

「…どういうことなんだ?」
「あなたが悪だなんて言っていないの。相手への自然な同情の気持ちを抑えるなって言っているだけ。自分の愛を抑えて、どうするの!?

「自分の愛だって?」
「そうよ、自分の愛よ」


〔ふりがな〕
「きさま、おれに あやまれというのか! ふざけるな! おれは わるくなんかない。おれは、じゆうと みんしゅしゅぎと じんけんと せいぎのために たたかったんだ!」 「わかっているわ」 「え?」 「あなたが あくにんだなんて、だれがいったの?」 「だって、おまえは はなをたむけろと いうじゃないか!」 「そうですよ。わたしは、はなをたむけなさい といっているだけですよ」 「つまり、おれがわるいから、あやまれ ということだろう!?」 「そんなこと、ひとこともいっていないわ。はなを たむけなさいといっているだけ」 「…どういうことなんだ?」 「あなたが あくだなんていっていないの。あいてへの しぜんなどうじょうの きもちを おさえるなっていっているだけ。じぶんのあいを おさえて、どうするの!?」 「じぶんの あい だって?」 「そうよ、じぶんのあいよ」

P.35