イメージの中で、人々が火に焼かれて死んでいきます。その人々の痛みが、本物の苦痛となって彼に襲い掛かってきます。
イメージの火に焼かれ苦しむパイロット。
その痛みは耐えがたいほどのものでした。でも、彼は歯を食いしばって、花が開けた心の壁を開き続けたのです。もう、目をつぶって、自分を暗闇に閉じ込めたくはない!

〔ふりがな〕
いめーじのなかで、ひとびとが ひにやかれて しんでいきます。 そのひとびとのいたみが、ほんものの くつうとなって かれに おそいかかってきます。 ああ、あつい! くるしい! そのいたみは たえがたいほどのものでした。でも、かれは はをくいしばって、 はなが あけた こころのかべ をひらきつづけたのです。もう、めをつぶって、じぶんを くらやみにとじこめたくはない!

P.40