花が心の壁に穴を開け、そこからイメージがなだれ込んで来ました。
心の壁が破れて、恐ろしいイメージがなだれ込むという絵です。

〔ふりがな〕
はなが こころのかべにあなをあけ、そこから いめーじが なだれこんできました。

P.39